【CAPE HORN】 徹底解析② シャイニーナイロンを採用したミドルクラスダウン

【CAPE HORN】 徹底解析② シャイニーナイロンを採用したミドルクラスダウン

By 奥谷 憲司

先日公開された《CAPE HORN》のブログ第1弾に引き続き、今回ご紹介するのは「MISTRAL (ミストラル)」というモデル。

このモデルは、昨年の秋冬に当グループでのお取り扱いを開始した当初から存在し、その優れた防寒性や高いコスパから、ラインナップされているシリーズの中でも非常に人気の高かったもの。今季モデルはリニューアルされた部分もあるので、そちらも含めてのご案内です。

MISTRAL (ミストラル) / -10℃ シャイニーナイロン ダウンジャケット(¥53,900 税込)

この「MISTRAL (ミストラル)」は、ブランド内では「タウンユースライン」に属するエントリーモデル。とはいえ、その中身はダブルフードを採用した「-10℃対応」を謳う本格派です。

中綿は、「黄金比」と言われる「ダウン90%・フェザー10%」。超高品質とされる「800フィルパワー(※1)」を確保し、高い保温性と軽量感のある着心地を両立してくれます。

(※1)「フィルパワー」羽毛のかさ高性を現す単位。この数値が大きいほど空気を多く含みます。600~700フィルパワーで良質、700フィルパワー以上は高品質ダウンといわれます。フィルパワーの数値が大きいほうが、一般的に軽くて暖かいウェアとなります。


このモデル特徴として、表地に採用されているシャイニーナイロンが挙げられます。シャイニーナイロンとは、光沢が際立つナイロン素材で、高級ダウンブランド「モンクレール」が採用し、一躍有名になりました。

この光沢、伝わりますか?
ギラギラと反射するものではなく、光を受けて輪郭を強調するような優しい光沢。
生地表面には微細なシワ感のでる加工を施してあり、手で触れると非常にサラサラした“軽い”感触です。

内側のフードはブルー・グレー・レッドの3色で彩られ、アクセントになっています。取り外しはできない仕様ですが、寒い環境でも首回りからの風の侵入を防いでくれるでしょう。

アームホールはシンプルな造り。
ですが、袖を通した際にしっかりと手首まわりを密閉してくれます。


ここからは2019モデルのリニューアル部分です。

裏地の腰部分に隠された別布。スナップボタンを外せばトレンド感のある腰巻き風スタイルが完成します。さらに、こちらの別布は裏地にスーパーマイクロファイバーを使用しているので、スポーツ観戦などで冷たいベンチに座るケースなど、体温を下げないですむでしょう。

ここまでご説明してきた「MISTRAL」、じつは私自身も昨年の秋口にブラックを購入したんです。
石川県は雪も積もるくらいの寒さになるのですが、ロンTなどに羽織るだけでも十分な暖かさを確保できるので、冬の期間はこればかり着ていた気がします。

¥53,900(税込)と、本格ダウンとしては手を伸ばしやすい価格帯。
もちろんもっと安いダウンも世の中には存在します。でも気に入って長く使えるアウターとして考えると、非常にコストパフォーマンスの高いアイテムだと思いませんか?

本格的に寒くなって完売してしまう前に、ぜひお好みのカラーをお選びください。

〈gossip公式WEB・SNS〉

▼gossip公式通販サイト
https://www.gossip-net.com/
▼gossipツイッター
https://twitter.com/gossip_boss
▼gossipフェイスブック
https://www.facebook.com/gossipfamily/?ref=bookmarks
gossipでは「LINE@」を始めました。
LINEでお気軽にお問合わせができるようになりましたので、こちらもぜひご利用下さいませ。
▼gossipLINE ID
@sdz1175x

有限会社ゴシップ
〒923-0861 石川県小松市沖町ロ28-1
TEL 0761-23-5999 
FAX 0761-23-5998
お問い合わせ: info@gossip-net.com
営業時間 11:00~20:00
定休日:木曜日

【Dsquared2】 デニムのシルエットとサイズ感を徹底解説。その魅力に迫ります!

特に店頭でファンの多いDsquared2/ディースクエアード。ミラノコレクションのファッションウィークに参加しているハイブランドとして、感度の高いお客様から絶大な支持を得ています。当店での取り扱いは「...

山岸 裕弥 ブログ

【TATRAS】 本物を超える!? 今注目を集めるフェイクスウェードブルゾン

エコという時代の流れや技術の進化とともに、最近では本物と見紛うほどのフェイクスウェードが多く展開されるようになりました。表革のフェイクレザーを製作する感度の高いブランドは少ないのですが、フェイクスウェ...

宮村 仁規 ブログ

【PHILIPPE MODEL】 さらなる進化を遂げ復活した白トロペのグリッターVer.

フィリップモデル2020春夏コレクションの入荷が遂に始まりました。今季は予約の段階から人気の新型「EZE」をはじめとした春夏らしいカラーリングのラインナップとなっています。新型はこのブログ掲載時ではま...

山岸 裕弥 ブログ

【RESOUND CLOTHING】 エコレザーでサイドラインをあしらった高級感ある1本

ストリートやスポーティというジャンルの流行により、多くのブランドから展開されている「スウェットパンツ」。デザイン性は勿論のこと、その楽さから他のパンツを穿けなくなったという方も多いかと思います。gos...

山岸 裕弥 ブログ

【STILL GOOD】 独自デザイン×コストパフォーマンスで人気を博すストリートウェア

「STILL GOOD」はパリ発のストリートブランドです。デザイナーは「Maison Kitsune/メゾンキツネ」や「Dries Van Noten/ドリスヴァンノッテン」などのラグジュアリーブラン...

山岸 裕弥 ブログ

【年末のご挨拶】2019年もありがとうございました。

皆さん、こんにちはゴシップ本店の店長平井です。「支えられている」事に真剣に気付き始めてから、この仕事は本当に楽しいなぁ~っと心から思うんです。「今のゴシップがあるように」起業した会社の生存率はだいたい...

平井 俊也 ブログ

【RESOUND CLOTHING】 ブランド独自のディティールを落とし込んだオーバーシャツ

先日、「RESOUND CLOTHING」から新作シャツが入荷しました。トレンドによりアイテムのオーバーサイズ化が進む中、シャツというカテゴリーも大きめサイズになることでライトアウターとして使えるよう...

山岸 裕弥 ブログ