【CAPE HORN】 ブランドの哲学を感じ取れる映像のご紹介

【CAPE HORN】 ブランドの哲学を感じ取れる映像のご紹介

By 正田 健二

「ネクスト トレンド ダウン」と囁かれる、イタリア発のダウンウェアブランドの「CAPE HORN」。

製品化されているダウンは、デザイナー自身が着用して、世界各国を冒険するそうですね。
3回にわたりご紹介してきたこちらのブランドのダウン。特に防寒性や機能性にスポットをあててきましたが、本当にご紹介したいのは、別のポイントなのかもしれません。

まずは、公式で用意されているムービーをご覧ください。

いかがでしたか?

今季のロケ地として選ばれたのは北海道。昨年は海外の極寒の地でした。
このムービーを見ていると、冒険家でもあるデザイナーが、ブランドのコンセプトを体現しているようにさえ思えます。

「自然との共存」

そういったテーマに見えてきませんか?
単に防寒を謳うのであれば、マイナス30度の倉庫で撮影したほうが、その機能性を紹介するには効果的かもしれません。
しかし、用意されたムービーは、自然と戦うのではなく、人と自然が共存しているかのような映像でした。

ぜひこの2本のムービーから、冒険家・デザイナーであるジルベルト・フェラーリ氏の哲学を感じ取っていただければと思います。

〈gossip公式WEB・SNS〉

▼gossip公式通販サイト
https://www.gossip-net.com/
▼gossipツイッター
https://twitter.com/gossip_boss
▼gossipフェイスブック
https://www.facebook.com/gossipfamily/?ref=bookmarks
gossipでは「LINE@」を始めました。
LINEでお気軽にお問合わせができるようになりましたので、こちらもぜひご利用下さいませ。
▼gossipLINE ID
@sdz1175x

有限会社ゴシップ
〒923-0861 石川県小松市沖町ロ28-1
TEL 0761-23-5999 
FAX 0761-23-5998
お問い合わせ: info@gossip-net.com
営業時間 11:00~20:00
定休日:木曜日

【Dsquared2】 デニムのシルエットとサイズ感を徹底解説。その魅力に迫ります!

特に店頭でファンの多いDsquared2/ディースクエアード。ミラノコレクションのファッションウィークに参加しているハイブランドとして、感度の高いお客様から絶大な支持を得ています。当店での取り扱いは「...

山岸 裕弥 ブログ

【TATRAS】 本物を超える!? 今注目を集めるフェイクスウェードブルゾン

エコという時代の流れや技術の進化とともに、最近では本物と見紛うほどのフェイクスウェードが多く展開されるようになりました。表革のフェイクレザーを製作する感度の高いブランドは少ないのですが、フェイクスウェ...

宮村 仁規 ブログ

【PHILIPPE MODEL】 さらなる進化を遂げ復活した白トロペのグリッターVer.

フィリップモデル2020春夏コレクションの入荷が遂に始まりました。今季は予約の段階から人気の新型「EZE」をはじめとした春夏らしいカラーリングのラインナップとなっています。新型はこのブログ掲載時ではま...

山岸 裕弥 ブログ

【RESOUND CLOTHING】 エコレザーでサイドラインをあしらった高級感ある1本

ストリートやスポーティというジャンルの流行により、多くのブランドから展開されている「スウェットパンツ」。デザイン性は勿論のこと、その楽さから他のパンツを穿けなくなったという方も多いかと思います。gos...

山岸 裕弥 ブログ

【STILL GOOD】 独自デザイン×コストパフォーマンスで人気を博すストリートウェア

「STILL GOOD」はパリ発のストリートブランドです。デザイナーは「Maison Kitsune/メゾンキツネ」や「Dries Van Noten/ドリスヴァンノッテン」などのラグジュアリーブラン...

山岸 裕弥 ブログ

【年末のご挨拶】2019年もありがとうございました。

皆さん、こんにちはゴシップ本店の店長平井です。「支えられている」事に真剣に気付き始めてから、この仕事は本当に楽しいなぁ~っと心から思うんです。「今のゴシップがあるように」起業した会社の生存率はだいたい...

平井 俊也 ブログ

【RESOUND CLOTHING】 ブランド独自のディティールを落とし込んだオーバーシャツ

先日、「RESOUND CLOTHING」から新作シャツが入荷しました。トレンドによりアイテムのオーバーサイズ化が進む中、シャツというカテゴリーも大きめサイズになることでライトアウターとして使えるよう...

山岸 裕弥 ブログ