【MARK&LONA】 唯一無二のグラフィックにトレンドの要素をプラスしたショーツ

【MARK&LONA】 唯一無二のグラフィックにトレンドの要素をプラスしたショーツ

By 宮村 仁規

ゴルフもベストシーズンを迎え、地域によっては早朝から日中まで快適にラウンドできる季節になりましたね。

私自身も先月から月に2回、早朝ゴルフに参加し、少しずつですがラウンドに慣れてきた状態です。
さらに業務の休憩中、打ちっぱなしの練習にも2日に1回のペースで行っております。

早朝の立ち上がりはちょっと肌寒く感じるときもありますが、日中にかけてはショーツの方が良いなと感じる日も多くなってきましたね。
そんなタイミングでオススメしたいアイテムを、今回のブログではご紹介させていただきます。

シアーサッカー オリジナルギンガム ロゴラインテープショーツ ¥34,560 税込

「MARK&LONA」ブランド設立10周年を経て、今季はスピード感のあるデザインをメイングラフィックに起用したアイテムが多いなか、異彩を放つテイストで目をひくのがこちらのショーツ。

ブラシを使って手で描いたようなタッチの「オリジナルギンガムチェック」はインパクト抜群です。

夏のラウンドでも快適に過ごせるシアサッカー地を採用しています。

お写真で伝わると思いますが、生地表面に凹凸があり、肌離れがよく速乾性に富んだ素材なんです。暑い時期のラウンドを快適にサポートしてくれますよ。

ウエストにはギャザーを採用。
ブランドオリジナルのドローコードも可愛いですよね。

172cm 64kg / 着用サイズ、46〈サイズM相当〉

目をひく総柄のデザイン。サイドに配したブランドロゴのイエローテープが、コーデにインパクトをもたらしてくれます。

股上をやや深めに設定し、裾幅もルーズにとっているので、ドローコードの存在と相まってリラックスした印象を与えてくれますね。

「屋外で白のシアサッカーだと透けるのではないか?」と心配する方もいるかもしれません。でもそれは杞憂です。
試しに逆光となる向きで生地を少し引っ張ってみたのですが、この通り透ける感じはまったくありませんでした。

ほかにはない手書き風のグラフィック。そしてサイドラインを施してトレンドの要素をプラスした1本。
木村拓哉さんが公式のスタイリングで着用していることが伝えられ、人気にさらに火がつきました。

「ブラック×ホワイト」にはトップスにモノトーンカラーを、「イエロー×レッド」にはトップスにイエローやレッドを使用したアイテムでコーデするとオシャレに決まりますよ。

〈gossip公式WEB・SNS〉
▼gossip公式通販サイト
https://www.gossip-net.com/
▼gossipツイッター
https://twitter.com/gossip_boss
▼gossipフェイスブック
https://www.facebook.com/gossipfamily/?ref=bookmarks
gossipでは「LINE@」を始めました。
LINEでお気軽にお問合わせができるようになりましたので、こちらもぜひご利用下さいませ。
▼gossipLINE ID
@sdz1175x

有限会社ゴシップ
〒923-0861 石川県小松市沖町ロ28-1
TEL 0761-23-5999 
FAX 0761-23-5998
お問い合わせ: info@gossip-net.com
営業時間 11:00~20:00
定休日:木曜日

昨今、ファッションの軸となっているスニーカー。“足元ダッド”がまだまだ気分♪

スニーカーブーム真っ只中、皆さんはいくつスニーカーをお持ちでしょうか。店頭で接客していると多種多様なスニーカーを見かけます。特に最近はダッドスニーカーと呼ばれるソールが厚いものが多く見かけるようになり...

山岸 裕弥 ブログ

【LUXE163AKMBB】 改良・進化を繰り返し辿り着いたブランドの集大成

「LUXE163AKMBB」。今ではラグスポ、ドレスポを世に広めたと言っても過言ではない立ち位置となり、数多くの雑誌掲載、そして別注企画なども行い、gossipでもここ数年で一番注目されたブランドであ...

山岸 裕弥 ブログ

秋冬のスタイルをアップデートするアクセサリー使い

暗い色味になりがちな秋冬スタイルには「アクセサリー」使いが重要です。胸元に光るネックレス、手元を印象づけるリングは勿論、アウターを脱いだ際にチラッと見えるブレスレットの輝きは効果絶大です。今回はこの秋...

山岸 裕弥 ブログ

「ストリート解釈のミリタリー」でいま旬なスタイルを。

「ミリタリー」昨今、メンズファッション界でのミリタリーブームが巻き起こっています。元々は、軍服を基にデザインされた既製服を指していましたが、今では生地や柄などをミリタリーもので製作、リメイクすることで...

山岸 裕弥 ブログ