【EMMETI & AKM】 世界最高峰の

【EMMETI & AKM】 世界最高峰の"ラム革"を使用したシングルライダース3選

By 宮村 仁規

ファッションの流行は繰り返されるもので、今現在は「ストリート」「スポーツ」「アウトドア」がキーワードとなるアイテムが強いと感じます。

売れ方の浮き沈みはあれど、メンズファッションの中で「レザー」「ミリタリー」「デニム」の3つのキーワードも、流行とは関係なく切っても切り離すことができないものでみなさまのワードローブを見てみても1週間この3つを使わないって方は少ないかと思います。

本日はその中でも、ファッションの今の空気感から、雑誌などメディアも含めて注目を集める「レザー」に関して。

当店で永年に渡り、ダブルライダースをセレクトし続ける、時代に左右されない「Lewis Leathers」のブログを先日スタッフがアップしています。
そこで今回はシングルライダースに焦点を絞って書かせていただきます。

まずはこちらから。
今季、日本でシングルライダースの人気再燃に一役買っている「EMMETI」と、「FORZA STYLLE」編集長でありファッションディレクターでもある干場義雅氏のコラボモデル「H UOMO (アッカ ウォモ)」。

「EMMETI」のシングルライダースが好きで10着近く愛用してきた干場氏が、「この部分がこうだったら良いのに」という想いをブランドにぶつけ、一切の妥協をせずに、サンプリングを重ね製作されたという究極のライダースジャケットとなります。

「EMMETI」の定番革より若干厚みのある0.9mmワックス加工のラムスキンナッパレザーを使用。

「ラムスキン=しなやかで着心地が良い」と連想する方が多いと思いますが、同時に薄さを気にする方も多いでしょう。その部分を解消し、レザー本来のタフさを感じてもらう。
それこそが、干場氏が開発段階で改良を求めた部分なのではないでしょうか。

着丈に前後差をつけたウエスト部分のセクシーなカッティング

横から見ると裾のシルエットが鋭く前下がりとなり、後ろから見ると肩から腰にかけて角度のついたVラインがセクシーな印象を与えます。そしてフロントジップを開けると非常に軽快な印象。
このディティールには干場氏の繊細な感覚が垣間見えます。

そして着用した際に感じる、腕を曲げたときに奏でる革の音。
キュッキュッと鳴く革は、非常に心地よいと感じました。
着れば着るほど愛着が持てるでしょう。

こちらも同様に今期の「EMMETI」のもの。
ブランドコンセプトである「エレガンテ・スポルティーヴォ」を、EMMETIお得意のムートンとラム革の異素材切替にて表現したモデル「ALAN (アラン)」です。

ウエストラインに絞りをいれるなどのスリム仕様ではありますが、全体的にタイトすぎないシルエットなど、大人の男が支持するかたちを構築しています。

一見すれば説明不要なほどに伝わる部分と、説明しないと伝わりづらい部分があるので、簡単にアイテムを解説させていただきます。

まずはわかりやすいところから。

前身頃部分には、存在感十分なストレートヘアーのムートンをふんだんにあしらっています。

艶やかで高級感漂うブラックのムートンは、男の色気と高級感を醸します。
しなやかで柔らかいラム革との絶妙なコンビが素晴らしく、ブランドのお得意ゾーンというのも頷けますね。

そしてここからは説明しないと伝わらない部分。着てみないと分からない重要なポイントとなります。

それは真冬でもインナー次第でこのアイテムが本格的なアウターとなり得る、「中綿入り」というところです。
ムートン=冬素材ということもあり、春には着用しない、つまり冬専属のシングルライダースとなります。

であれば、中綿入りというのは非常に理にかなっているんです。
男の色気とエレガントな存在感を放つ主役級のアイテムは、季節限定のワードローブとして永年寄り添ってくれる、パートナーのようなアイテムとなってくれるはずです。

全面レザーでないので、ハードな印象は薄く大人の余裕を感じさせてくれます。

そして最後はgossipのメインブランドである「AKM」から。

極力シンプルに、品良く仕上げたシングルライダースの新型。
肩の切り替えとクルーネックのような絶妙な前下がりの衿。
ライダースに見られるその他のディテールを排除し、極力シンプルに品良く仕上げられた、素材の良さが際立つシングルライダースです。

さきほど素材の良さが引き立つと書かせていただきましたが、そちらの部分を簡単にご説明しますね。

AKMの最高峰のレザーアイテムに使用される、イタリアは「RIBA社」のラム革がこちらの「SENA / セナ」です。AKMがお好きな方なら必ず聞いたことがあると思います。

ロエベやアルマーニ、グッチなど世界有数のブランドから非常に高い評価を得ている「革」、見る人が見れば「いいやつ着てんな」と分かる代物です。
もちろん見た目とともに着用することで感じられる滑らかな風合い・質感は、他の革では味わうことができないポイントといえます。

素材もさることながら、今回こちらのライダースをセレクトした理由はディティールにもあります。

通常、シングルライダースでは首元にスタンドカラーのチンストラップが付属されるのですが(先にご紹介した2モデルにもついていたかと思います)、こちらを排除することでノーカラーの仕様になっているんです。

これが非常にイマドキなニュアンスを醸すポイントともいえるでしょう。
ノーカラーのデザインはストールやパーカーとの組み合わせも抜群にいいんです。

シングルライダースで唯一、ハードな印象をもたらすポイントが首元のスタンドカラー部分です。こちらを排除することでそんなハードな印象も払拭されます。

このディティール、メンズのレザーのジャケットでは非常に少なく、レディースでは徐々に浸透してきているので数年後には定番として定着している予感がしますね。

いかがでしたか。そろそろ秋のファッションが本格化する時期になってきましたよね。
ちょうど今、このタイミングであれば(ブログ更新は9月末)、シングルライダースは夏の装いにパッと羽織るだけでスタイルが完成する季節ですよね。

今のタイミングで購入し、季節に合わせてインナーを変えていく。そんな皆様のワードローブに加えて頂ければと考えます。

〈gossip公式WEB・SNS〉
▼gossip公式通販サイト
https://www.gossip-net.com/
▼gossipツイッター
https://twitter.com/gossip_boss
▼gossipフェイスブック
https://www.facebook.com/gossipfamily/?ref=bookmarks
gossipでは「LINE@」を始めました。
LINEでお気軽にお問合わせができるようになりましたので、こちらもぜひご利用下さいませ。
▼gossipLINE ID
@sdz1175x

有限会社ゴシップ
〒923-0861 石川県小松市沖町ロ28-1
TEL 0761-23-5999 
FAX 0761-23-5998
お問い合わせ: info@gossip-net.com
営業時間 11:00~20:00
定休日:木曜日

【Information】 消費税の増税に伴うお知らせ

平素よりgossipオンラインストアをご利用いただき誠にありがとうございます。みなさまがご存知の通り、10月1日に消費税率が8%から10%に改定となります。つきましては、弊社取り扱い商品をはじめ、それ...

宮村 仁規 ブログ