【wjk】 素肌に吸い付く”ふわふわなめらか”高密度な裏起毛

【wjk】 素肌に吸い付く”ふわふわなめらか”高密度な裏起毛

By 樋渡 淳一

11月に入り、一気に冷え込んできました。
これからもっと寒くなる事を考えると、気が滅入りますね。。。
気温が低くなってくると、自然と暖かいアウターが欲しくなります。
しかし今回は、アウターに関するブログではありません。

冬のアウター選びはもちろん重要ですが、その他のアイテムによって左右されることってありませんか?
ただ寒さを凌ぐだけなら、防寒性の高いダウンジャケットだけを着続ければ良いのかもしれません。
ですが、こちらのブログをご覧いただいている方は、ファッションを楽しんでいる方々だと思います。
やはり寒くても、ジャケット、コート、レザーなど、いろんなアウターを着たいですよね。
そうすると寒さに耐えられないため、インナーやマフラーで防寒性を高めるんだと思います。

そこで今回は、寒さ対策のインナーについて、ブログを書いていきます。
「寒さ対策のインナー」と一言でいっても、いろいろとありますよね。
ファストファッションの業界からも数多くのアイテムが展開されていますし、当店でお取り扱いしているブランドも多数展開しています。

そのなかでも、今回わたくしが特にお勧めしたいのは、wjkから展開されている「バックボアフリース」シリーズです。

こちらは、裏地にボアフリースを採用したシリーズです。
簡単に言うと裏起毛なんですけど、一般的なものより滑らかでふわっとした印象です。
今季は、裏起毛を採用したアイテムがいくつも展開されていますが、個人的にはwjkのタッチが1番好みで、型数も豊富でしたのでピックアップしました。
それではまず、ボアフリース部分の写真からご覧ください。

起毛部分の密度がとても濃いことが伝わると思います。
実際に触ってみても指通りが非常に滑らかで、ザラつきなどの不快感が全くありません。
指を離す瞬間まで、ふわふわとした感触を味わえます。
実際に着用すると、この感触が上半身全体に伝わるわけですから、気持ち良いに決まってますよね。
その上、一般的なカットソー生地と比較すると風を通しにくく、保温性にも優れています。
ニットなどと比べて洗濯に気をつかう必要がないので、秋冬用のインナーとして大変重宝します。

今季のwjkからは、こちらのボアフリースを採用したアイテムが3型、展開されています。
ハイネックジップパーカー、ヘンリーネックカットソー、クルーネックカットソーの3つです。
簡単にではありますが、これらのアイテムを1つずつ紹介させて頂きます。
また、実際にインナーに着用した写真もご用意しておりますので、ぜひご覧ください。


high-neck parka (back fleece)
カラー展開:グレー、ブラック

ジップパーカーと言えばアウターの印象が強いですが、冬になればインナーとして活躍する機会が多いのでセレクトしました。
ハイネック仕様とラグランスリーブにより、スポーティなディテールを落とし込んだパーカーです。
しかし、随所にカットオフデザインを取り入れる事でwjkらしさが演出され、バランス良く中和させています。

タイトなシルエットはインナーとしての相性も良く、あらゆるシーンで活躍します。
レザー、Gジャンなどのインナーはもちろんのこと、コートと合わせて抜け感を出すのも良いと思います。


henley long-T(back boa)
カラー展開:ホワイト、グレー、ブラック

wjkから定番として展開されている、サーマル生地のヘンリーネックカットソー。こちらの裏地をボアフリース仕様にしています。
裏地の仕様を変更しただけですので、目面の綺麗なサーマル生地は健在です。
ヘンリーネックも変わらず、ボタンを全閉した時はクルーネックに近いラインになり、汎用性を高めてくれます。

展示会時から「これは使える!」という確信があったため、わたしはホワイト、ブラックを2色買いしました。
普遍的な形ですし、「迷った時はとりあえずコレ」といった感覚で、これから重宝しそうです。


thumbhole trainer(back boa)
カラー展開:ホワイト、ブラック、ライトグレー(完売)、バーガンディ(完売)

今回ご紹介する「バックボアフリース」シリーズのなかで、最もシンプルなクルーネックカットソーです。
実はこちら、以前までは柄物として展開され続けていたんです。
前回はカモフラ柄、前々回はパッチワーク柄、さらに別注アイテムも展開したことがあります。
カモフラ柄はわたしも購入しましたが、今でも愛用するほど気に入っています。
肉厚でモチっとした生地感はそのままに、今季からは袖丈を長めに設定してサムホールを追加しています。

外見の変化だけでなく、グローブの代用としても使える嬉しい仕様です。
シンプルなカットソーゆえに、アウターとの相性が良くオールマイティな1枚です。


今回、3型のアイテムを紹介しましたが、正直どれもお勧めです。
個人的な考えとしては、単品で見たときの印象はもちろん大切ですが、お手持ちのアウターと合せて、どうような印象を持たせたいかがポイントになってくると思います。
わたしは、レザージャケットと合せてラギットな印象を持たせたいと思ったので、ヘンリーネックカットソーを選びました。
ご参考になりましたら幸いです

まるで、毛布に包み込まれているかのような高密度の裏起毛。皆様もぜひご体感くださいませ。


〈gossip公式WEB・SNS〉
▼gossip公式通販サイト
https://www.gossip-net.com/
▼gossipツイッター
https://twitter.com/gossip_boss
▼gossipフェイスブック
https://www.facebook.com/gossipfamily/?ref=bookmarks
gossipでは「LINE@」を始めました。
LINEでお気軽にお問合わせができるようになりましたので、こちらもぜひご利用下さいませ。
▼gossipLINE ID 
@sdz1175x

有限会社ゴシップ
〒923-0861 石川県小松市沖町ロ28-1
TEL 0761-23-5999  FAX 0761-23-5998
お問い合わせ: info@gossip-net.com
営業時間 11:00~20:00
定休日:木曜日

【Dsquared2】 デニムのシルエットとサイズ感を徹底解説。その魅力に迫ります!

特に店頭でファンの多いDsquared2/ディースクエアード。ミラノコレクションのファッションウィークに参加しているハイブランドとして、感度の高いお客様から絶大な支持を得ています。当店での取り扱いは「...

山岸 裕弥 ブログ

【TATRAS】 本物を超える!? 今注目を集めるフェイクスウェードブルゾン

エコという時代の流れや技術の進化とともに、最近では本物と見紛うほどのフェイクスウェードが多く展開されるようになりました。表革のフェイクレザーを製作する感度の高いブランドは少ないのですが、フェイクスウェ...

宮村 仁規 ブログ

【PHILIPPE MODEL】 さらなる進化を遂げ復活した白トロペのグリッターVer.

フィリップモデル2020春夏コレクションの入荷が遂に始まりました。今季は予約の段階から人気の新型「EZE」をはじめとした春夏らしいカラーリングのラインナップとなっています。新型はこのブログ掲載時ではま...

山岸 裕弥 ブログ

【RESOUND CLOTHING】 エコレザーでサイドラインをあしらった高級感ある1本

ストリートやスポーティというジャンルの流行により、多くのブランドから展開されている「スウェットパンツ」。デザイン性は勿論のこと、その楽さから他のパンツを穿けなくなったという方も多いかと思います。gos...

山岸 裕弥 ブログ

【STILL GOOD】 独自デザイン×コストパフォーマンスで人気を博すストリートウェア

「STILL GOOD」はパリ発のストリートブランドです。デザイナーは「Maison Kitsune/メゾンキツネ」や「Dries Van Noten/ドリスヴァンノッテン」などのラグジュアリーブラン...

山岸 裕弥 ブログ

【年末のご挨拶】2019年もありがとうございました。

皆さん、こんにちはゴシップ本店の店長平井です。「支えられている」事に真剣に気付き始めてから、この仕事は本当に楽しいなぁ~っと心から思うんです。「今のゴシップがあるように」起業した会社の生存率はだいたい...

平井 俊也 ブログ

【RESOUND CLOTHING】 ブランド独自のディティールを落とし込んだオーバーシャツ

先日、「RESOUND CLOTHING」から新作シャツが入荷しました。トレンドによりアイテムのオーバーサイズ化が進む中、シャツというカテゴリーも大きめサイズになることでライトアウターとして使えるよう...

山岸 裕弥 ブログ